▲ PAGE TOP
  1. >

ピックアップ

ステンレス密閉容器のパッキンとガスケットの違い

円筒容器に竪型撹拌機(中速・低粘度用)を取り付ける場合、その取付位置によって撹拌効率が大きく変わってきます。
主な取付位置は(1)中心取付、(2)偏心取付、(3)中心取付+バッフル(通称:邪魔板)です。 (3)のバッフルは容器に溶接取付するのが一般的ですが、三広アステックでは、容器の蓋に取り付けられたヘルールにクランプ接続するサニタリー型バッフルをご提案しています。

ステンレス密閉容器のパッキンとガスケットの違い

一般的にシール材は、「パッキン」と呼ばれることが多いようです。
弊社では密閉容器に使用されるシール材をはじめ、サニタリー継手のシール材を「ガスケット」としています。
「ガスケット」と「パッキン」の違いについて解説します。

ステンレス容器用サイトグラスSGの使い方

ピックアップでは、弊社の製品ラインアップからピックアップした製品の詳しい使用方法やメリットをご紹介します。

また、注目製品や製品に関連する技術情報、その他のレポート等もご紹介していく予定です。

Vol7.ステンレス容器カタログ
PDF版のダウンロードもできます
採用情報

一緒に会社を成長させてくれるスタッフを募集しています

CEATEC JAPAN 2017
INCHEM TOKYO 2017 プラントショー
製造技術データベースサイトイプロス製造業 三広アステックの特設サイト