▲ PAGE TOP
  1. >
  2. >
  3. >

Surface finishing & marking

表面処理・マーキング

11

電解研磨 EP11 Surface finishing & marking

表面処理・マーキング

電解研磨 EP

各シリーズの仕上げは、一部の製品を除いて通常バフ研磨仕上げを行っていますが、サニタリー性、耐食性を向上させるために電解研磨仕上げが可能です。

電解溶液中で金属表面から化学的・電気的に金属イオンを溶出させることによってステンレスの表面を平滑にする研磨方法です。表面が均一で高品質な仕上がりとなります。

容器をはじめサニタリー部品類など接液するほとんどの部品類に電解研磨ができます。

■ ステンレス表面のイメージ図

電解研磨 EP イメージ

■ 電解研磨の主な効果

1.洗浄効果

電解研磨によって通常の洗浄方法では難しいバフ粉、油などの異物を取り除くことができます。
機械研磨やバフ研磨はきれいに見えても細かいキズの集合であり、これらのキズに埋め込まれた油やバフ粉等の異物は洗浄などでは除去できません。

2.洗浄性の向上

非常に滑らかな表面になるため、汚れなどの物質が沈着しずらく洗浄が容易になります。
同様に他材質との接触によるもらい錆も出来にくくなります。

3.耐食性の向上

ステンレスの場合、鉄イオンが先に溶けだす事で金属表面のクロム濃度が上がりより強固な不働態被膜が形成されます。
ステンレスが錆びにくいのはステンレスに含まれているクロムが酸化され不働態化されているためと考えられています。

4.金属イオンの減少

不働態化された金属表面からは鉄などの金属イオンが溶出しずらくなっています。

■価格について

・電解研磨加工の価格は、都度お見積です。

・電解研磨仕様の特注容器等は、容器価格と合算してお見積いたします。

■納期について

・在庫容器に電解研磨加工をする場合は、約2週間です。

■販売価格と納期につきまして、詳しくはお問合せください。

Vol7.ステンレス容器カタログ
PDF版のダウンロードもできます
採用情報

一緒に会社を成長させてくれるスタッフを募集しています

CEATEC JAPAN 2017
INCHEM TOKYO 2017 プラントショー
製造技術データベースサイトイプロス製造業 三広アステックの特設サイト