▲ PAGE TOP
  1. >
  2. >

ピックアップ

ステンレス密閉容器のガスケットとパッキンの違いについて

一般的にシール材は、「パッキン」と呼ばれることが多いようです。
弊社ではステンレス密閉容器に使用されるシール材をはじめ、サニタリー継手のシール材を「ガスケット」としています。
「ガスケット」と「パッキン」の違いについて解説します。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
シール材は、使用状態によって「ガスケット」と「パッキン」に分けられます。
配管用フランジなどパイプの継ぎ目の動かない部分(静止部分)の漏れ止めに使用するものが「ガスケット」です。
シリンダーとその中を上下にピストン運動するシリンダヘッド間の漏れ止めや回転軸部分の漏れ止めに使用するのが「パッキン」です。

●動かないところの漏れ止め:ガスケット
●動くところの漏れ止め:パッキン

とういことで、弊社では 静止部に使用されるシールは「密閉容器用ガスケット」「ヘルールガスケット」など「ガスケット」を用いています。

Vol7.ステンレス容器カタログ
PDF版のダウンロードもできます
採用情報

一緒に会社を成長させてくれるスタッフを募集しています

CEATEC JAPAN 2017
INCHEM TOKYO 2017 プラントショー
製造技術データベースサイトイプロス製造業 三広アステックの特設サイト